HOME > 記事のINDEX
1/1

復興支援列車

 

 昨日のブログでは、3月11日に発生した東日本大震災によって、茨城県ひたちなか市を走る「ひたちなか海浜鉄道湊線」が受けた被害状況や、昼夜問わず行われている復旧の状態、代行バスについてや応援のメッセージを記しました。

 本日は、三陸鉄道について記します。

 岩手県沿岸を走る第3セクターの三陸鉄道北リアス線で、「復興支援列車」を運転中です。

東日本大震災から5日後の3月16日(水)、「復興支援列車」などと書かれたヘッドマークを掲げ、三陸鉄道北リアス線の気動車が走りはじめました。


 三陸鉄道と言えば、今回の東日本大地震と津波で橋の付け根が崩れるなどの甚大な被害が発生してしまった路線。。。

 列車が走る事によって、地域住民の活力になり、少しでも復興の役に立つようにと、復興支援列車は懸命に走ります。
 地元の人々の足として走ることは、公共交通にとってとても重要な事です。


 16日に運転を再開したのは、陸中野田ー久慈間の(11,1キロ)、そして昨日20日から再開したのは、宮古−田老間(12,7キロ)です。宮古市中心部に買い出しのために街に出た住民の方などから、「助かった!」などの喜びの声が、ガソリン切れで車を使えない人たちや、避難所にいる家族や親類らの安否を気遣い乗り込んだ人々からは、「助かります。」と、安堵の声があがりました。


 宮古−田老間では、21日以降、1日3往復を無料運行するとのこと。

列車は安全運行のため速度を落とし、通常20分の区間を40分ほどかけてゆっくり運転されています。

 

三陸鉄道復興支援列車の運行の詳細はこちらへ↓


三陸鉄道株式会社HP

北リアス線
http://www.sanrikutetsudou.com/category/train-ninfo

南リアス線

http://www.sanrikutetsudou.com/category/train-sinfo



北リアス線の田老駅〜陸中野田駅と南リアス線全線は復旧のめどがたたず、現在でも運転を見合わせています。

 沿岸沿いは、壊滅的な被害がでてしまいました。この区間の復旧も、心待ちをにしている人が多いはずです。
 地元住民の大切な足として、一日も早い復旧を応援し、願い続けます。


ひたちなか海浜鉄道湊線

 

 先週18日(金)、3月11日に発生しました東日本大震災から1週間が経ちました。


地震は、大変多くの人々の心に、身体に大きな傷を残し、今もなお襲いかかってきます。


 それでも人は前に進まなくてはなりません。。。


鉄道に関しても同様です。

 津波で流された線路をもう一度敷き直し、地震で壊れた車両を可能な限り修理します。


鉄道は、人と人、町と町を結ぶ重要な交通機関です。



 津波で大きな被害を受けた鉄道路線の一つ「ひたちなか海浜鉄道湊線」では、大地震による被害のため全線で運転を見合わせており、列車運行の再開の目途がたたない困難な状況が続いています。



 地震の影響によって生じた被害は甚大であり、路線のいたるところで大規模な路盤の崩壊、流失や陥没が発生し、レールのゆがみ等の問題が起きています。


 連日のように続く余震の不安と戦いながら、水や食料、燃料の不足、復興に必要な機材等の物資不足の中、昼夜問わずの復旧作業が行われています。


 しかしながら、相当なダメージを受けているため、かなりの時間を要する見込みです。


いまだに運行再開の見通しはたちません。



 そんな中、嬉しいニュースが入りました、3月19日(土)より、同社は代行バスの運行をはじめました。

運行中は、湊線各駅最寄りの指定停留所に停車をし、バスによる湊線沿線の代行輸送となります。


 運行は1時間間隔です。


公共交通の状況 ひたちなか市のホームページより↓


http://www.city.hitachinaka.ibaraki.jp/SKYU/saigai/combus/unkyu-shinnsai.html

3月19日(土)より勝田駅〜阿字ヶ浦駅の代行バスの運行をいたします。

○代行バス運行時刻表

→下り 阿字ヶ浦行き

→上り 勝田駅行き

○代行バス乗り場


※乗車には通常の湊線鉄道運賃が必要となります。

※定期券・回数券については通常通りにご利用いただけます。

詳しくは,下記のひたちなか海浜鉄道ホームページをご確認ください。



ひたちなか海浜鉄道ホームページ


http://www.hitachinaka-rail.co.jp/htdocs/


ひたちなか海浜鉄道ホームページより↓



・日程:平成23年3月19日(土)〜鉄道運行前日まで

・運賃:乗車には通常の湊線鉄道運賃が必要となります。(小人も同様)

    運賃のお支払いは乗車の際に整理券を受け取り、降車の際に車内の係員に

    お支払い下さい。

・その他:お手持ちの(湊線)有効定期券・回数券については通常通りにご利用いただけます。

        ※路線バスの定期券、回数券はご利用になれません。

        指定停留所以外でのご乗降はできません。(途中下車前途無効)

        通常の路線バスとは異なりますのでご了承ください。



代行バスの各停留所場所はこちら→

http://www.hitachinaka-rail.co.jp/htdocs/?action=common_download_main&upload_id=763

代行バスの時刻表はこちら→

http://www.hitachinaka-rail.co.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=18

代行バスの時刻表データはこちら→

http://www.hitachinaka-rail.co.jp/htdocs/?action=common_download_main&upload_id=760

史絵.オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba-ひたちなか海浜鉄道


史絵.オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba-ひたちなか海浜鉄道

 まだ、復旧の見通しの立たないJR路線や私鉄各線はいくつもあります。

列車が再び走り始める事で、それぞれの町に活力が戻るきっかけになる・・・私はそう信じています。

 必ず再建できると信じ応援しております。



スイス 氷河特急脱線事故について

 2010年7月23日(金)の正午すぎ、スイス南部バレー州フィーシュで登山列車として知られる「氷河特急(Glacier Express)」が列車脱線事故を起こしました。この事故で電気機関車1両、客車5両のうち、後部に連結されていた3両の客車が脱線し、横倒しになり、日本人観光客1人が死亡し、少なくとも38人が重軽傷を負っています。

 この事故でお亡くなりになられた方とご遺族の方々に謹んで哀悼の意を表します。そして、負傷された方々には一日も早いご回復を心より祈念申し上げます。

 事故の原因はいまだ不明です。州警察によると、事故現場がゆるい上りの緩やかなカーブだったということ、列車は時速30キロ台の低速で運行していたことが明らかにされており、そのほかの運行に問題は見つかっていないとのことです。ただし、これまでの報道を総合しますと、現場付近では30度を超す暑さが続いていたので、暑さでレールが張り出したことで軌道に大幅な狂いが生じて脱線したようにも思えます。

 鉄道ジャーナリスト梅原淳師匠が事故現場の写真で検証したところでは、25mあるいは50m先に存在するはずの継目が見えないため、ロングレール(200m以上の長さのレール)が敷設されている可能性が高いとのことです。気温が高くなると、ロングレールは定尺レールと比べ、大きな力で伸びようとします。今後、事故当時の現場の気温やレールの状況といった調査の進展が注目されます。

 列車やレールの老朽化、人為ミスなどが重なって事故が起きたとも考えられます。レールが張り出すほどの異常な状態ではないものの、軌道の狂いと車両の動揺とが複合されて生じた競合脱線の可能性も捨て切れません。現場の状況とアルミニウム合金製の車体をもつ客車という条件などから、いまから10年前の2000年3月28日に発生した帝都高速度交通営団日比谷線中目黒駅構内で発生した列車脱線衝突事故が思い起こされます。この事故は軌道狂いが生じていた急曲線を、左右の輪重比のバランスを著しく欠いた電車が走行したことで発生しました。

 現地では、事故の究明や負傷者に対する治療が懸命に行われております。被害がこれ以上広がらないことを切に願います。

2010年7月25日 史絵.


鉄道の撮影トラブルについて


あなたは本当に「鉄道愛好家」ですか?

近年鉄道は、メディアで取り上げられ注目されるようになり華やかな趣味へと変貌を遂げました。
 しかしながらその一方でミーハーになったのも事実です。
最近では悲しい事件が相次いで起きています。
 2010年2月14日、20日と鉄道の運行が妨害されるトラブルが立て続けに起こりました。
JR西日本の沿線において、人が線路脇に立ち入ったことにより、電車は緊急停止となり、14日には上下19本が運休、26本が最大約40分遅れ約13000人に影響がでました。
 20日にも、上下6本に最大約10分の遅れが生じ約3500人に影響がでました。
この悲しい事件は、お座敷客車「あすか」の運転に際し、撮影を目的とする一部の鉄道愛好家による線路内の立ち入りによって発生いたしました。

鉄道愛好家とは、本来鉄道を愛すべき存在であり、鉄道の運行を妨げることなどあってはならないことです。

大半の鉄道愛好家はマナーを守り硬派に鉄道を愛しています。
 一部のマナー違反により、「鉄道愛好家」、さらに言えば「鉄道」のイメージまでも悪くしてしまうのです。

鉄道営業法第三十七条では「停車場其ノ他鉄道地内ニ妄ニ立入リタル者ハ十円以下ノ科料ニ処ス」と定められています(罰金等臨時措置法により、10円の科料とは今日では2万円の罰金となります)。

しかしながら大切なのは罰金をいくら払わなければならないかということではありません。鉄道愛好家が鉄道営業法第三十七条を適用されてしまうこと自体が大変悲しいことです。
 モラルを再認識し、上記の条文の存在を今一度深く考えるべきではないでしょうか。

そして、多くの名車や名列車が姿を消していくなか、その背景にある現在の鉄道が置かれている厳しい現実に目を向けるべきだと、切実に感じております。


2010年3月3日 史絵.



テスト

 テスト

1

search this site.