HOME > 記事のINDEX
1/2 >>

連載情報

 連載情報


・株式会社ウェッジから発行されている知的旅情報雑誌『ひととき 』(月刊誌)にて、私が連載を執筆しております。
 『ひととき』12月号(11月20日発売)より始まる新連載「新幹線のエトセトラ」
どうぞご覧くださいませ。


・JTBパブリッシング出版、『新幹線パーフェクトガイド (JTBの交通ムック)』シリーズにて、車両形式の解説など、師匠と共に執筆連載中。

一度ご覧いただけましたら幸いです。


3月2日から発売中


 3月2日から発売中の、JTBパブリッシング 出版のJTBの交通ムック『山陽・九州新幹線パーフェクトガイド (JTBの交通ムック)』にて、師匠と私の記事が掲載されております。

史絵.オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba-山陽・九州新幹線パーフェクトガイド 

 車両イラスト集(解説)チャートで見分ける車両形式では、執筆と資料調査を師匠と共に、連載で担当させていただいております。今回三回目の連載は、 山陽・九州新幹線車両です。(P115〜128)

P.115(車両イラスト集表紙)
P.116〜117(山陽・九州新幹線 チャートで見分ける車両形式集)
P.118〜128(車両と形式)

 
山陽・九州新幹線のひみつ100のページでは、新幹線の車両に関する秘密 51〜100 を梅原師匠が執筆しております。(P,72〜78)

山陽・九州新幹線パーフェクトガイド (JTBの交通ムック)/著者不明

¥1,365
Amazon.co.jp

JTBの交通ムック 『新幹線パーフェクトガイド』では、東北、東海道、山陽、九州などの各新幹線を徹底的に紹介しています。

 各新幹線の車両、車窓、運転、名景、歴史についてなど、さまざまな角度から取り上げています。


 今回発売の山陽・九州新幹線では、今月12日に開業予定の博多ー新八代間の車窓や、今まであまり紹介されていなかった山陽区間の見所などが紹介されています。

 東北新幹線・新青森延伸、九州新幹線・博多ー鹿児島中央間の全通など、新幹線が盛り上がっています。

以上お知らせでございました。
ご覧いただけましたら幸いです。


連載情報


このたび、株式会社ウェッジから発行されている知的旅情報雑誌『ひととき』(月刊誌)にて、連載を執筆させていただくことになりました。

 とても光栄に嬉しく想っております。

『ひととき』は、従来の旅の3要素である「見る 食べる 遊ぶ」に加え「知る 体験する 学ぶ」を提案することで、読者に知的刺激を与え、好奇心を呼び起こし、旅に出てみたいという気持ちを誘う旅情報誌。

毎月充実した内容でビジネスマンや女性の読者が多く、私も読者の一人です。

『ひととき』12月号(11月20日発売)より始まる新連載「新幹線のエトセトラ」で執筆を担当させていただき、新幹線に関わるさまざまな内容や疑問を、解りやすく面白く!!をテーマに、梅原師匠よりご教示いただきながらとり組んでおります。

『ひととき』の詳細はこちらをご覧くださいませ↓

http://www.jrta.co.jp/hitotoki/index.htm

http://wedge.ismedia.jp/category/hitotoki

さて、『ひととき』での新連載第1回目は、「車内販売のワゴンについて」です。 

株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズの方々に取材させていただきました。 

車内販売やワゴンに関して、面白く為になるお話をお聞きしました。 

(第2回目の取材ももう済んでおります)

宜しければ皆さんにご覧いただけましたら幸いでございます。


10月の出版物(その2)

 

18日(月)に発売された講談社週刊現代 」のスペシャルカラーグラビアにて、「日本再発見 鉄橋のある風景」という特集があります。

 鉄道写真界の巨匠広田尚敬先生 の写真集作品が掲載され、鉄道ジャーナリスト梅原淳師匠が記事を執筆しております。


広田先生のうっとりするほど素晴らしい情景や、今にも動き出しそうな車両たちの姿に魅了されます。

 ぜひご覧下さいませ。


更にお知らせがございます。

 梅原淳師匠の新書を紹介します。


平凡社 新書シリーズから、梅原淳師匠の著書「毎日乗っている地下鉄の謎 」が好評発売中です!!

 全国9都市を走る地下鉄は、庶民の通勤や通学の足となっています。

そんな身近な地下鉄の基礎知識や謎、うんちく、トリビアが満載の一冊。

 北は札幌、南は福岡まで、地下鉄の魅力をお楽しみくださいませ。


10月の出版物(その1)

 

JTBパブリッシング 出版のJTBの交通ムック「東海道新幹線パーフェクトガイド 」にて、

鉄道ジャーナリスト梅原淳師匠と私の記事が掲載されております。

東海道新幹線の秘密100 車両編を梅原師匠が執筆しております。

そして、東海道新幹線車両イラスト集(解説)チャートで見分ける車両形式では、

梅原師匠と私が、執筆を担当しております。


  昨日発売されました小学館 出版の「人気列車で行こう 」トワイライトエクスプレス編に、梅原師匠の記事が掲載されております。好評発売中のカシオペア編にも、梅原師匠の記事が掲載されています。


掲載情報☆

  全国の書店や、ネットショップなどにて、9月25日から発売されている『ヲ乙女図鑑(ヲトメズカン)』

私は鉄道の項目で掲載いただきました。掲載いただき、とても感謝しております。

 路面電車のことを中心に、鉄道の魅力などをたくさん語らせていただきました。

4ページに渡って掲載されております。

¥1,890
Amazon.co.jp


『ヲ乙女図鑑(ヲトメズカン)』の詳細はこちらへ↓

【ヲ乙女図鑑】の掲載情報引用文↓

可愛すぎるオタクを大特集!!

■1980 年代に生れた「おたく」が、20 数年で様々な意味が加わり、呼び名が「ヲタク」と変化しだした頃、いつの間にか男子だけの領域ではなくなっていました。
マイナスイメージをもたれることが多かった当初に比べると、今では「カルチャー」的要素を持つ趣味人の範囲として使われているなど、世間への浸透化が進んでいます。

そして一般的に「可愛い」といわれる女子が、アニメや漫画、ゲーム、コスプレにはまりヲタクを公言するようにもなってきました。ヲタク女子を総称している言葉は現在「腐女子」といった言葉が主流となっていますが、本書籍では様々なカルチャーヲタクの女子を新しく「ヲ乙女(をとめ)」と呼び、

ヲタクで可憐な乙女が過去を独白。ゲーム、アニメ、BL はもちろん、歴史、鉄道、ミリタリーなど様々な分野のヲ乙女達総勢29 名が160 ページに及ぶ生の声で紹介します。
まさに牴聴Δ垢るヲタク爐箸靴独狃たちを取り上げた初の書籍となります。

■商品名ヲ乙女図鑑 (読み:ヲトメズカン) 著者:田中秀幸
■小売価格¥1,890 円(税込)A5 正寸 160 ページ フルカラー

■販売元 蠖卦元社

私の撮影は、東京都交通局・荒川電車営業所にて行われました。

東京都交通局・荒川電車営業所の皆様、まことにありがとうございました。みなさま、どうぞ宜しかったらご覧くださいませ。

鉄道はもちろんのこと、さまざまな趣味活動の拡大に繋がることを祈念しております。


4月〜8月の出版物掲載誌

 ・「JR東日本【決定版】鉄道地図帳Vol.7高崎・長野支社管内編  

(学研パブリッシング、8月18日発売 ) 只見線の建設秘史を執筆

『FRIDAY』フライデー (講談社、7月30日発売号)誌面コメント


サイエンス・アイ新書『
新幹線の科学 』(ソフトバンククリエイティブ、7月20日発売)
著者・梅原淳 編集協力者・史絵.


雑学3分間ビジュアル図解シリーズ 』(PHP研究所、7月22日発売)
著者・梅原淳 執筆協力者・史絵.


・「
あだち百景 」夏号(株式会社 トータルプランニングスズキ、2010年7月15日発売)
東京地下鉄千代田線6000系の執筆

・「JR東日本【決定版】鉄道地図帳Vol.7高崎・長野支社管内編 」(学研パブリッシング、2010年6月18日発売 ) 碓氷峠鉄道文化むら 、碓氷峠に関わる執筆

著作交通新聞社新書『進化する路面電車』(2010年6月15日より全国発売)


・「週刊SPA! 4/6号」(扶桑社、2010年4月6日発売) 誌面コメント


進化する路面電車(交通新聞社新書) 6月15日発売

 交通新聞社 から発行されている交通新聞社新書シリーズから、
『進化する路面電車』が発売されます。

私史絵.と我が恩師である梅原淳と共に執筆いたしました思い入れの深い書籍でございます。 (私が執筆を担当させていただきましたのは、はじめに、第2、5、6章とコラムでございます)

 幼いお子さんからお年寄りまで、路面電車はわけ隔てなく優しい乗り物であります。本書をお読みいただき、路面電車の存在価値を皆様に感じていただけましたら幸いです。
 
 さて、『進化する路面電車』の内容を簡単に紹介しましょう。本書は国産による超低床電車の開発物語です。
 路面電車は時代遅れの乗り物と言われ、一時は衰退の一途を歩んでおりました。
しかし、近年は環境への配慮やバリアフリーへの関心の高まりなどによって見直され、低床化された新車の導入が進められています。

 超低床電車が登場した当初は、海外メーカー製の電車ばかりでした。それがいかにして国産化されたのか、その過程にはどんなドラマがあったのか、という内容になっております。

 また、本書にはコラム欄を設け、私が路面電車愛好家になった起点や路面電車への思いなども執筆しております。

ご覧いただけましたら幸いでございます。

詳細はこちらへ↓
http://www.kotsu.co.jp/book/shinsyo/018.htm


交通新聞社 新書『進化する路面電車』が6月15日(火)に発売


 私、史絵.と我が師である梅原淳と共に執筆いたしました書籍に関してのお知らせです。

交通新聞社 から発行されている交通新聞社新書シリーズから、新書『進化する路面電車』が6月15日(火)に発売となります。定価は840円(税込)です。

 幼いお子さんからお年寄りまで、路面電車はわけ隔てなく優しい乗り物であります。本書をお読みいただき、路面電車の存在価値を皆様に感じていただけましたら幸いです。
 
 さて、『進化する路面電車』の内容を簡単に紹介しましょう。本書は国産による超低床電車の開発物語です。
 路面電車は時代遅れの乗り物と言われ、一時は衰退の一途をたどっておりました。
しかし、近年は環境への配慮やバリアフリーへの関心の高まりなどによって見直され、低床化された新車の導入が進められています。超低床電車が登場した当初は、海外メーカー製の電車ばかりでした。それがいかにして国産化されたのか、その過程にはどんなドラマがあったのか、という内容になっております。

また、本書にはコラム欄を設け、都電荒川線についても記しました。

 さて、先日ブログでお知らせいたし
ました来る6月6日(日)に東京都交通局・荒川電車営業所で開催される「路面電車の日」都電荒川線イベント。

 イベント内の「史絵.ブース」にて、交通新聞社新書『進化する路面電車』を限定先行発売いたします。

「路面電車の日」都電荒川線イベント
1.日時
平成22年6月6日(日)10:00〜13:00(雨天決行・荒天中止)
2.会場
荒川電車営業所(都電荒川線「荒川車庫前」下車すぐ)
【注】会場には駐車場、駐輪場はありません。ご来場の際は都電荒川線をご利用ください。

詳細につきましては追って告知いたしますので、いましばらくお待ちください。
 急な告知となってしまい申し訳ありません。

史絵.ブースでの交通新聞社新書『進化する路面電車』の先行販売に関してのお問い合わせ先はこちらにてよろしくお願いいたします。
http://shie-rail.umehara-train.com/contact.html

交通新聞社新書『進化する路面電車』は、私にとって初めての著書となります。
 さらに、尊敬してやまない梅原師匠との共著です。
思い入れの深い書籍ですので、ご覧いただけましたら幸いでございます。


2010年3月20日

 
 本日3月20日発売のイカロス出版 の季刊「鉄道時間 」にて鉄道ジャーナリスト梅原淳師匠 が執筆を担当している連載「鉄道要衝の地を訪ねる」「稲沢駅」が(14〜24ページ)に掲載されております。

史絵.が執筆しましたコラム「史絵.の見た稲沢駅」は、25ページに掲載されております。

どうぞご覧くださいませ。


search this site.