HOME > 記事のINDEX
/

進化する路面電車(交通新聞社新書) 6月15日発売

 交通新聞社 から発行されている交通新聞社新書シリーズから、
『進化する路面電車』が発売されます。

私史絵.と我が恩師である梅原淳と共に執筆いたしました思い入れの深い書籍でございます。 (私が執筆を担当させていただきましたのは、はじめに、第2、5、6章とコラムでございます)

 幼いお子さんからお年寄りまで、路面電車はわけ隔てなく優しい乗り物であります。本書をお読みいただき、路面電車の存在価値を皆様に感じていただけましたら幸いです。
 
 さて、『進化する路面電車』の内容を簡単に紹介しましょう。本書は国産による超低床電車の開発物語です。
 路面電車は時代遅れの乗り物と言われ、一時は衰退の一途を歩んでおりました。
しかし、近年は環境への配慮やバリアフリーへの関心の高まりなどによって見直され、低床化された新車の導入が進められています。

 超低床電車が登場した当初は、海外メーカー製の電車ばかりでした。それがいかにして国産化されたのか、その過程にはどんなドラマがあったのか、という内容になっております。

 また、本書にはコラム欄を設け、私が路面電車愛好家になった起点や路面電車への思いなども執筆しております。

ご覧いただけましたら幸いでございます。

詳細はこちらへ↓
http://www.kotsu.co.jp/book/shinsyo/018.htm


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.