HOME > 記事のINDEX
/

復興支援列車

 

 昨日のブログでは、3月11日に発生した東日本大震災によって、茨城県ひたちなか市を走る「ひたちなか海浜鉄道湊線」が受けた被害状況や、昼夜問わず行われている復旧の状態、代行バスについてや応援のメッセージを記しました。

 本日は、三陸鉄道について記します。

 岩手県沿岸を走る第3セクターの三陸鉄道北リアス線で、「復興支援列車」を運転中です。

東日本大震災から5日後の3月16日(水)、「復興支援列車」などと書かれたヘッドマークを掲げ、三陸鉄道北リアス線の気動車が走りはじめました。


 三陸鉄道と言えば、今回の東日本大地震と津波で橋の付け根が崩れるなどの甚大な被害が発生してしまった路線。。。

 列車が走る事によって、地域住民の活力になり、少しでも復興の役に立つようにと、復興支援列車は懸命に走ります。
 地元の人々の足として走ることは、公共交通にとってとても重要な事です。


 16日に運転を再開したのは、陸中野田ー久慈間の(11,1キロ)、そして昨日20日から再開したのは、宮古−田老間(12,7キロ)です。宮古市中心部に買い出しのために街に出た住民の方などから、「助かった!」などの喜びの声が、ガソリン切れで車を使えない人たちや、避難所にいる家族や親類らの安否を気遣い乗り込んだ人々からは、「助かります。」と、安堵の声があがりました。


 宮古−田老間では、21日以降、1日3往復を無料運行するとのこと。

列車は安全運行のため速度を落とし、通常20分の区間を40分ほどかけてゆっくり運転されています。

 

三陸鉄道復興支援列車の運行の詳細はこちらへ↓


三陸鉄道株式会社HP

北リアス線
http://www.sanrikutetsudou.com/category/train-ninfo

南リアス線

http://www.sanrikutetsudou.com/category/train-sinfo



北リアス線の田老駅〜陸中野田駅と南リアス線全線は復旧のめどがたたず、現在でも運転を見合わせています。

 沿岸沿いは、壊滅的な被害がでてしまいました。この区間の復旧も、心待ちをにしている人が多いはずです。
 地元住民の大切な足として、一日も早い復旧を応援し、願い続けます。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.